検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品価格を入力
商品名を入力

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
新しく会員登録する

生花を体に無害な薬品・着色料で特殊加工した高級なお花です。
プリザーブドフラワーは1991 年フランスのベルモンド社が発表し、その後日本に輸入されると、あっという間に広まっていきました。
「プリザーブド」とは「保存する」という意味です。
生花を美しいままの姿で長期間保存できるよう生花のうちに樹液を抜き取り、植物本来の吸い上げる力を生かしオーガニック系の人体に無害な保湿液や染料を吸わせて加工されたお花です。
鮮やか色合いなのに人工的な着色とは違う自然な風合いであり、みずみずしく柔らかな感触と見た目は生花そのものです。
綺麗なままに数年間楽しませてくれるプリザーブドフラワーは、魔法のお花と呼ばれています。
生花と違い、毎日の水やりの手間はなく、上手に保管すれば1~3年もの長期間保存できるので喜ばれる贈り物として人気です。お祝いやギフトなどの様々なシーンに最適です。

プリザーブドフラワーは、ドライフラワーとは違います。
触ってみると生花と同じやわらかな質感、生き生きとした美しさを楽しむことが出来ます。
特殊処理する過程で色を付けることが出来ますので生花にはない魅力を楽しむことが出来るのも魅力です♪
直射日光を避け丁寧に取り扱えば,数年(1年~3年)も美しさを楽しむことが出来ます。
(気候が適したヨーロッパでは10年持つとも言われています)
感謝の気持ちを長い時間感じていただけますので大変人気があるのです。
プリザーブドフラワーに使用される花材は、バラ・カーネーション・ラン・アジサイなどのお花であったり、バラの葉っぱ・レモンリーフ・アイビーなどのグリーンが代表的です。
その種類は現在でも開発されており、さらにバリエーションが増えていくことでしょう。
プリザーブドフラワーは色の種類も豊富です。赤やピンク、黄色、緑など実際にある色はもちろん、生花には存在しない青いお花もあります。
同じ色でも、濃く魅力的な色から薄い可愛らしい色まで幅広いので、楽しんで見ることが出来ます。
用途や贈る相手に合ったプリザーブドフラワーがきっと見つかりますよ!
プリザーブドフラワーは生花と違い長持ちしますが、その一方でデリケートなお花でもあります。
より長持ちさせるための取り扱い方をご紹介します。
  水やりは不要です。水気は色落ちの原因となってしまいます。
  直射日光を避けて下さい。長期間日光を浴びると色落ちの原因になります。
  湿気の少ない所に飾ります。長期間置くと、水気を吸って色が落ちてしまうことがあります。
  生花と比べ繊細です。なるべく触らないようにして下さい。傷の原因になります。
  ホコリがかぶってしまったら、やわらかい筆やドライヤーの風で優しく吹き飛ばしてください。
  濃い色は移りやすいので、壁やクロスなどに直接あたらないように飾って下さい。

お客様からの感想、メッセージをお待ちしております。

ばあばのプリザでは、お客様へより一層ご満足頂けるサービスが提供できるように皆様の声をお聞きしています。どんな些細なことでもかまいませんので、お気づきのこと、感じられたことなどがございましたらぜひ当店へお声を寄せて頂けると幸いです。